MENU

住宅の資金作りをする

模型

物件をさがす際のポイント

賃貸物件を借りて一人暮らしをしたいなと考えた場合、まずは部屋を探すのではなく、資金をためるようにしましょう。部屋を借りる際には家賃以外にもたくさんのお金がかかります。ざっと挙げると、敷金、礼金、家賃2か月分、不動産会社に払う仲介手数料、そして忘れてはいけないのが引越しのお金です。あと、家電なんかを買うのであればそのお金もかかってきます。大体家賃の半年分以上は必要でしょう。資金も無いのに物件を探したところで良い物件があってもすぐに借りれないわけですから時間の無駄です。さて、別に急いでないのであれば、部屋探しは8月に行うのが一番オススメです。8月ははっきり行って閑散期なので交渉しだいでは家賃を5000円から10000円安くしてもらえる場合があります。

今話題のコンセプトシェアハウス

賃貸物件で最近人気なのがシェアハウスです。シェアハウスというのは何人かで一つの物件を借ります。その物件は部屋は分かれているのですが、キッチンなどは共有部分となっています。このシェアハウスのメリットは何人かで借りることが出来るので通常では借りられないような値段で豪華な部屋が借りることが出来る、または友達同士で借りることによってちょっとした修学旅行気分を味わうことが出来ます。こういった理由から特に和会人たちにとても人気がある賃貸物件です。そんな現在賃貸物件で人気のシェアハウスですが、最近もう一歩突っ込んだ新しい形としてコンセプト型のシェアハウスが人気です。これはシェアハウスに一つのテーマをつくり、そのテーマを共有できる人たちが一緒に住むというものになっています。

PICK UP