MENU

初期費用を安くするには

レディ

色々な方法がある

賃貸住宅を借りる時に気になるのは間取りや住環境などですが、初期費用も考えておかなくてはいけません。敷金礼金など家賃の3〜4ヶ月分の費用を一括で納めなくてはいけない上に、保険料や仲介手数料もかかります。その他にも引越し代や新しい生活に備えて家具や家電製品も揃えなくてはいけません。そのための費用が十分あるというなら別ですが、なるべく費用はかけたくないと考えているのなら色々な物件を比べてなるべく少ない費用で済むところを選ぶ必要があります。もしも数年で引っ越すことが決まっているのなら、家具家電付きの賃貸を選ぶと色々な物を新しく購入する必要はありません。また仲介手数料無料の物件を選ぶと、1ヶ月分の家賃が丸々浮くのでその分費用の節約になります。

家賃1ヶ月分は嬉しい

仲介手数料無料の賃貸は初期費用が安くなるので大変人気があります。無料だからといって物件に問題があるわけではなく、快適に住むことができます。賃貸に住むのなら新築が良いという人が多いため、築年数がたつと入居者が集まりにくくなります。特に今は少子化が進んでいるので、賃貸を借りる人が以前より減っています。そのため家主は仲介手数料無料にして初期費用がかからないようにし、入居してくれる人を探すのです。中には始めから仲介手数がない賃貸物件もあるので、探してみると良いでしょう。

PICK UP